北海道札幌市でコンクリートのひび割れ補修や防水、漏水、劣化、施工などコンクリートの事なら何でもお任せ下さい。
良いコンクリートは長持ちします
2019.6 更新
近年国内で製造されているセメントに、家庭ゴミや産業廃棄物の焼却灰が混入されている事をご存知だろうか。また原発事故地域周辺からのガレキの焼却についてセメントメーカーが協力するところまでは報道されている。しかし、その焼却灰がセメントに混入され一般住宅やマンション、学校建築のコンクリートに使用されるところについては報道されているわけではない。高温で焼却しても、全てが安全な物質になるとは限らない。今も身近にあるアスベストと将来的に同じ結果になる可能性もあることを忘れてはならない。
パーミエイト

パーミエイトHS300(コンクリート表面浸透被覆塗料)

凍害・中性化・塩害・すりへり(キャビテーション・エロージョン・砂礫)防止
水を遮断する。
透気透湿性があって水は通さない。

ミラックス工法

ミラックス止水工法(ひび割れ注入材)

漏水を止水し凍害を防ぐ。
ひび割れからの二酸化炭素、塩化物の侵入を防ぎ中性化・塩害を防止する。
漏水状態のままで止水出来る

トワニ

トワニ(コンクリート補修モルタル混和剤)

コンクリートに約18%存在する空隙(細孔空隙、エントラップトエア、エントレインドエア)内の空気は常に気温変化の影響を受け、膨張・収縮を繰り返している。
既設コンクリートと一体化する

センプロテック エラスティック

センプロテック エラスティック
(無機ポリマーセメント系被覆防水材)

コンクリートのひび割れ、断面修復界面からの水の浸透を防止(防水)し、長期に亘り劣化を防止します。
コンクリートだけでなく鉄や樹脂などとも付着する

パーミエイト

KAT-2(ケイ酸塩系表面含浸改質材)

地下コンクリートの入隅部、屋上、床版などから滲んで出る漏水が止まります。
初期乾燥収縮ひび割れ抑止
施工前・後の散水は必要ない

具体的な補修事例
  • 最近の地震などでひび割れが出来た
  • ひび割れやタイル目地からエフロが出ている
  • ひび割れや地下室などで漏水する
  • ひび割れや壁などから錆汁が出る
  • コンクリートの表面に割れや欠損し鉄筋が見える
  • コンクリートの表面に小さな穴が明いている、一部には砂利が露出し、一部は欠損した
  • タイルが剥れた、浮もある
  • 屋上の天端(パラペット)から黒い汚れの筋がある
  • 塗装の剥れ、膨れ(膨れに水が溜まる)、割れが生じる
  • 床のコンクリートが剥れる
◎こんな時はお問合せ下さい!(補修をしたけど、また同じようになる)など