環境、ECO、省エネ(CO2削減)に貢献
コンクリート・鉄構造物超耐久化工法研究会
コンクリート・鉄構造物超耐久化工法研究会へようこそ
  • 活動内容
  1. 2ヶ月に一回研究会を開催
  2. テーマは耐久化の最新情報
  3. 現場での問題解決、施工提案を全員で検討します。
  4. 日ごろ直面する疑問や問題をいろんな角度から検討します。
  5. 知識と実構物で起きてることを検証します。
 こんな事を一緒に学びませんか。
入会を希望する方はメールでご連絡下さい。メールフォームページはこちら
  • 活動実績
2007年
4月14日 設立総会
7月13日 第2回研究会
  • 表面保護工法とは
  • 新材料の試験結果について
9月14日 第3回研究会
  • 劣化コンクリートを現状のまま延命する工法
  • 耐酸性とは
  • 波返し擁壁クラック発生原因と対策
2008年
1月11日 第4回研究会
  • セメント協会の表面保護工法について
  • 新材料の試験結果について
3月14日 第5回研究会
  • 他社メーカー材料の性能と特徴
  • 補修工法体系図の説明
6月19日 第6回研究会
  • 2007年度事業決算報告
  • 2008年度事業計画
  • 環境総合展2008を見学と学会の意義
  • 施工報告
9月12日 第7回研究会
  • ナノコンスーパーの試験開始
  • コンクリート構造物の延命工法(CLL工法)のまとめの報告
11月14日 第8回研究会
  • ナノコンスーパーの試験成績
  • 他社類似劣化防止材について
2009年
1月23日 第9回研究会
  • ナノコンスーパー塩化物イオン浸透性試験報告
  • 省エネ法との関連
  • 橋梁補修について
4月10日 第10回研究会
  • 2008年度事業決算報告
  • 2009年度事業計画
  • 含浸材の見解
6月12日 第11回研究会
  • シラン系表面含浸材の品質と性能
  • 橋梁等のコンクリート補修について
9月11日 第12回研究会
  • ひび割れの処理材と処理方法
  • ひび割れの発生原因と抑制方法
  • 技術提案・特記変更・追加工事・橋梁床板防水の現状
11月27日 第13回研究会
  • コンクリート構造物の新設時、補修時の施工の現状
  • 明治30年代に造られた”小樽築港コンクリート”を見て
  • クラック注入(樹脂・セメント)
2010年
1月22日 第14回研究会
  • 現在発注されている橋梁補修の問題点
  • 床版防水の現状
3月16日 第15回研究会
  • 続・現在発注されている橋梁補修の問題点
  • (財)北海道道路管理技術センター主催の「道路管理技術講習会」に参加して
5月27日 第16回研究会
  • 5月21日「橋梁補修セミナー」開催・報告 帯広地区
  • ひび割れ補修と・ひび割れを起こさない施工
7月23日 第17回研究会
  • 6月23日 第2回目「橋梁補修セミナー」室蘭地区開催の報告
  • ポリマーセメントモルタルはなぜ剥れるのか
9月16日 第18回研究会
  • 7月27日「橋梁補修セミナー」旭川地区(稚内・留萌)開催の報告
  • ポリマーセメントの使い分け
  • 設計されているポリマーセメントの選定工法
12月3日 第19回研究会
  • 続・橋梁補修の問題点
  • (伸縮装置他)
2011年
1月28日 第20回研究会
  • コンクリートに対する考え方
  • 続・橋梁補修の問題点
  • 断面修復材の性能
  • NEXCO設計要領第二重橋梁保全編について
4月21日 第21回研究会
  • 続・橋梁補修の現状
  • コンクリート混和剤の性能中間報告
6月24日 第22回研究会
  • コンクリート混和剤の性能試験
  • 断面修復・ヒビ割法入について
  • 8月5日付 北海道土木技術会 コンクリート研究委員会
    コンクリート構造物維持管理小委員会より3名委員委嘱を受ける
8月26日 第23回研究会
  • コンクリート構造物における補修の耐久化について
  • 補修モルタルの各機関の基準値
10月20日 第24回研究会
  • "積雪寒冷地の床版防水"の現状について
     
2012年
1月27日 第25回研究会
  • 寒冷地におけるコンクリートの耐久性に関する講習会"より
  • ・表面含浸工法の設計施工法について
  • ・有機系短繊維混入によるコンクリートの耐久性向上について
3月30日 第26回研究会
  • "補修工事の瑕疵担保責任"が1年となっていることについて
6月7日 第27回研究会
  • "コンクリートの空隙量"について
  • 補修工事の現状と早期再劣化
9月14日 第28回研究会
  • "コンクリート補修の技術、技能の向上の必要性と維持管理について
  • 表面保護施工(塗膜材)と下地調整モルタルの付着性に関して瑕疵が伴う疑問
2013年
1月24日 第29回研究会
  • 1.北海道土木技術会コンクリート委員会への提言
  • 2.札幌建設管理部研修会での提言(2012.11.9)
  • 3.JSCE・572−2012
  •   ケイ酸塩系表面含浸材の新指針
  • 4.けい酸塩系表面含浸材工法の設計施工指針(案)
  •   コンクリートライブラリー137発刊
  • 5.橋梁補修の新たな問題点
  •   ・コンサルが正確な調査診断をしないと、脆弱なコンクリートを残したままの施工になる。
  •   ・受注後の早期再調査、三者検討会に時間がかかって良好な施工環境の確保が困難になる。
4月18日 第30回研究会
  • 1.平成24年度事業、決算報告
  • 2.平成25年度事業計画(案)・予算(案)
  • 3.北海道土木技術会コンクリート委員会講習会
  •   名和教授による"セメントから見たコンクリートのサスセナビリティ"
  • 4.平成25年3月21日国交省発表
  •   "社会資本の維持管理・更新に関し当面講ずべき措置"
  • 5.寒地研月報NO715 2012年12月
  •   "背面吸水式凍結融解試験によるコンクリート開水路の補修材料の評価"について
7月12日 第31回研究会
  • 1.診断から材料・施工工法に至る選定について
  •   プライマーは水に溶ける
  •   個々の材料性能ではなく一体的な性能
  •   遊離石灰析出部はさらに大きな空隙になる
  • 2.設計・工事の発注時に補修の目的(耐久化or安全対策or美観の回復)を明示するべき
  • 3.塗膜防錆のマクロ腐食について
10月10日 第32回研究会
  • 1.北海道土木技術会コンクリート委員会への提言
  • 2.マクロ腐食について
  • 3.工事受注後の三者検討会から第三者検討会へ
  • 4.コンクリート構造物の所有者は設計発注時に補修の目的を明示する
12月13日 北海道土木技術会コンクリート委員会より
"北海道におけるコンクリート構造物の性能保全技術指針"発刊される。
2014年
1月28日 第33回研究会
  • 1."北海道におけるコンクリート構造物の性能保全技術指針"発刊
  •   採用された提言と改善点
  • 2.設計コンサル間の対策設計のバラツキをなくすために
4月16日 第34回研究会
  • ・2013年度 事業報告
  • ・2014年度 事業計画(案)
  • 1.加藤建設渇チ藤社長より技術提案報告
  • 2.床版防水
  • 3.伸縮装置の劣化防止と防水
6月24日 第35回研究会
  • 1.新設コンクリートの長寿命化対策としてのひび割れ・劣化防止対策
  • 2.施工後早期に発生するひび割れ・凍害対策
  • 3.経年劣化したコンクリートの長寿命化(遊離石灰析出、錆汁、ひび割れ、断面欠損、漏水等)
8月28日 第36回研究会
  • 1."性能技術指針"の追加事項の検討
  • 2.照査・診断から性能評価・要求性能を考慮して補修対策に至る前に検討すべき事項
  • 3.発注図書に記載されるべき事項と技術提案
2015年
1月23日 第37回研究会
  • 1.寒地研、土木学会、大学等からの発表研究成果が設計に反映されない問題点
  • 2.道路橋防水便覧、鋼道路橋設計施工指針、性能保全技術指針等の垣根を取り外した総合的な
  •   設計基準が求められる
  • 3.被り不足コンクリート構造物の発錆部補修事例報告
4月23日 第38回研究会
  • ・2014年事業報告
  • ・2015年度事業計画(案)
  • 1.補修技術の普及活動
  • 2.更に進化した超耐久化工法の
  •  ・初期ひび割れ発生原因と対策
  •  ・新設時からの劣化対策
  •  ・劣化機構とコンクリートの空隙量
  •  ・現在の材料性能照査基準の問題点
7月23日 第39回研究会
  • 1.沿岸構造物の劣化補修の工法提案
  • 2.水掛り
  •   凍害→ひび割れ・成分消失
  •   対策
  •   →ひび割れ抑制
  •   →水を浸透させない
  •   →吸水の高い骨材に対するポップアウト対策
  • 3.水掛り部における断面補修に繊維混入りポリマーセメントを用いる事の問題点
10月28日 第40回研究会
  • 1.JCI「打設コンクリート構造物の維持管理と補修・補強に関する特別委員会」報告会を開いて
  • 2.既設コンクリートのコア抜きしない「透気・透湿性試験法」の意義について
  • 3.「現在発注されている橋梁補修の問題点」加藤建設(株)からの提起
2016年
1月25日 第41回研究会
  • 1.加藤建設(株)資料提供
  •  ・約50年経過橋梁補修で床版防水が施工されていない床版コンクリートが建全であった事について
  • 2.北海道土木技術コンクリート委員会
  •  ・技術講習=塩害固定化材を用いた断面補修工法について
  • 3.寒地研から最新のシラン系含浸材
  • 4.昨年トンネル補修で断面補修材が落下した事に対する検討
  • 5.新設と補修の設計基準を分けるべきでは?
5月2日 第42回研究会
  • 1.2015年事業報告
  • 2.2016年事業計画(案)
  • 3.JCI、5月9日発表資料の検討
  • 4.電気防食の検討、施工体制・維持管理体制に疑問
7月27日 第43回研究会
  • 1.稚内の試験施工の検討
  • 2.さけます飼育地の長寿化対策
  • 3.道東地方の劣化と補修対策の有効性の検討
12月21日 第44回研究会
  • 1.圧縮強度50N/muの性能設計を規定した断面修復発注の意味
  • 2.補修工事における健全部と劣化部の境界の判定基準
  • 3.要求性能発注をすべき止水対策
  • 4."コンクリート構造物の補修対策、マニュアル(案)"の検討、不具合の整合性について
2017年
3月13日 第45回研究会
  • 1.性能試験発注から要求性能発注は難しいか
  • 2.米国における床版防水の現状
  • 3.有機化合物がコンクリートに与える影響
5月24日 第46回研究会
  • 1.2016年事業決算報告
  • 2.2017年事業計画(案)
  • 3.実構造物は劣化要因毎に劣化することはない
  •    全ての劣化は複合的に作用し進行する
  • 4.劣化対策の第一は水掛りを対策すること
  •    含浸材を用いることの問題点